白神・逆さ

白神・逆さ Sirakami・Sakasa

伝承系オリジナルです。

「神」の元来の読み方は「かむ」だそうです。
渓魚が白を噛むのは実体の無い神ではなく、
神に儚い命を与えられた実体のある白い蜉蝣。

胴に紫外線を反射する絹糸を使用しています。
魚には魅力的に見えると思います。

胴にウエイト(重り)を入れるのも効果的です。

タングステンのビーズヘッドバージョンも承ります。(+50円です)
※ハリは太軸のヘビーゲージタイプになります。
沈みやすく誘いやすく大物にも安心なハリです。
#10がスタンダードです。

※こちらの毛鉤は最小数二本からの注文数になります。

※表示されている販売価格は毛鉤一本の価格です。
販売価格
300円(内税)
ハリのサイズ
返し(バーブ)とウエイト(重り)orビーズヘッド
購入数